天皇訪韓の超特大爆弾に『韓国人が恐怖に怯える』末期的な展開に。もしものことがあれば日韓関係は終わる

韓国人である私が天皇訪韓に反対する理由

最近、日韓関係におけるニュース

の中に、新たに浮上している

キーワードがある。

「天皇訪韓」

 

という言葉だ。

この言葉が飛び出したのは

他でもない

 

「韓国政府」

 

からである。 

昨年9月22日には李洛淵

(イ・ナギョン)首相が

マスコミとのインタビューで

 

「退位される前に韓国へいらして、

   この間の両国がほどけなかった

 しがらみを解いてくだされば、

 両国関係の発展に大きな助けに

 なる」

 

と発言、その1カ月後の10月25日

には李洙勲(イ・スフン)駐日

韓国大使が

「天皇が韓国を訪問すれば韓日

 関係を雪解けのように溶かす

 ことに大きく寄与するだろう」

 

と発言、続いて10月30日には

康京和(カンギョンファ)外交部

長官が念押しするかのように

 

「天皇の訪韓が実現すれば両国

 関係の発展のための大きい

 契機になるであろうと評価

 している」

と韓国側の強い

 

「要望」

 

を表明している。 

韓国側から天皇訪韓を望む声が

出たことは初めてではないが、

首相、駐日大使、外交長官が

約1カ月という短期間にこのよう

に直接的に、強いメッセージを

伝えたのは、これまでに例のない

出来事である。 

韓国政府は天皇の韓国訪問が

両国間の緊張状態を解消し、

友好関係の強化に大きな力に

なると漠然とした夢物語を描いて

いるようにみえるが、果たして、

彼らの思う通りに、全てが上手く

いくだろうか? 

 

次ページへ続きます

関連記事