『日本国民は文在寅のために努力せよ』と共同通信委員が”天皇訪韓”を後押し。もっと文在寅の意志を評価しろ

「左派反日」

 

のレッテルは間違い 


「対北」

 

の協力は必然 


接点求める努力互いに

2018年は、昨年5月にスタートした

文在寅政権が初めて迎える新年で

ある。

 

閣僚人事をはじめとする陣容を整備

し、文在寅政権の真価が問われる年

ともいえる。


北朝鮮の核ミサイル問題をはじめ

内外の情勢は厳しく、米朝関係が

衝突に向かうのか対話に向かうのか

など

 

「変数」

 

が多い年であり、2018年の行方を

見通すことは極めて困難だ。

 

安倍政権は1月に東京で日中韓首脳

会談の開催を考えているが、中国

が消極的姿勢を示しており、文在寅

大統領の訪日がいつになるかまだ

不透明だ。 

2015年末に発表された慰安婦問題

をめぐる日韓政府間合意を検証する

ための韓国外相直属の作業部会が

2017年12月末にも報告書を発表する

予定だ。

 

本稿執筆時点ではその内容は明らか

になっていないが、報告書の内容と

韓国政府の対応次第では文在寅

大統領の訪日にも影響を及ぼす

可能性がある。 

 

次ページへ続きます

関連記事