テレ朝「朝ナマ」で『スタジオの空気が完全に凍りつく』大惨事が発生。沖縄は中国の物だと公然と主張

尖閣諸島の部分の主な討論内容

は以下の通り


井上達夫・東京大大学院教授

 

「村本さん、非武装中立が多くの人は

 何を意味するか理解しないでいって

 いるわけね。

 じゃあ、攻撃されたらどうしますか」 

村本氏

「なぜ攻撃されるんですか」 

井上氏

「侵略されないに越したことはない。

 じゃあ、もし侵略されたら

 どうするの。白旗を挙げて降参するの」 

村本氏

「僕はそっちかなと思います」 

井上氏

「そしたら侵略者に対して、侵略者に

 侵略のインセンティブを与えちゃうよね」 

村本氏

「なぜ、侵略されるのか、意味が

 分からないです。なぜ、中国や北朝鮮が

 日本を侵略するという発想になるのか、

 私、分からない」 

井上氏

「それは君が問題を避けているの。

 君の良いところは問題を逃げない

 ことだと思ったけど、今までの

 非武装中立論は皆、そうやって…」 

村本氏

「手を挙げて言います。

 白旗を挙げて…」 

司会の田原総一朗氏

「例えば具体的に言うと、もしも

 日本が、米軍と自衛隊が

 いなかったら、尖閣は、中国は取るよ」 

村本氏

「分かりました。じゃあ、僕は逃げず

 に答えますけども、僕は…僕の意見は…」 

田原氏

「取られても良いわけね」 

 

次ページへ続きます

関連記事