安倍首相の譲歩拒否に『韓国の国益が削られている』と識者が顔面蒼白。文在寅はきちんと計算しているのか?

日本を敵視する文大統領、国益は計算しているのか

 

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

は28日、ちょうど2年前の韓日慰安婦

合意を白紙化する考えを示唆した。

文大統領は

 

「重大な欠陥」

「普遍的な原則に反する」

「被害者本人と国民を排除」

 

などの言葉を使って合意を批判した。

ここまで言うのであれば、文大統領

は合意の破棄あるいは再交渉を当然

念頭に置いていることだろう。

 

ただし大統領府は合意の破棄と

再交渉については今回明確な立場を

示さなかった。 

韓日慰安婦合意は

 

「不可逆的」

 

という非外交的な表現が使われる

など確かに問題もあるが、日本政府

による公式の謝罪が出た点では

明らかに一歩進んだ側面もあった。

 

非公開の合意内容に対する批判は

根強いが、外交交渉において

非公開の部分があるケースは何も

珍しくない。

またこれら非公開の合意内容を拒否

するのであれば、文在寅政権は今後

政府として海外の少女像設置を支援

し、性奴隷という表現を公式のもの

とするつもりだろうか。

 

韓国政府はこの問いにも明確な回答

を示せていない。

外交交渉のプロセスを後になって公表

し、しかも非公開の約束まで覆すのは

日本が先に悪しき前例を作ったもの

ではあるが、これを今回韓国政府が

やったことで国際社会にどう見られる

かも懸念材料だ。

 

慰安婦合意をめぐって韓国政府が

いかなる決定を下したのかは明らかに

なっていない。

韓国政府は今後、当面は国内政治向け

に活用はするものの、合意の破棄や

再交渉要求にまでは踏み込まない

可能性もあるようだ。

 

いずれにしても韓日関係は最悪の

状況に陥ってしまいかねない。 

 

次ページへ続きます

関連記事