韓国歴史家が『日本海苔の歴史は200年未満』だと起源主張を開始。奇妙な造語を駆使し始めた模様 なんでもかんでもキムだなw

[企画]「Gimさん、韓流をよろしく!」-錨上げ「1兆輸出」(上)
韓国キム、日本より少なくとも1200年先に登場…アジア越え欧米でも成功的定着

※キム=「海苔」のこと。 

 

キム。

英語で「キム(Gim)」、

日本語で「ノリ(のり)」と呼ばれる

この紅藻植物の輸出が全盛期を

迎えている。

全世界、キムの中でも断然最高品質

として認められている韓国キムの

輸出量が、昨年3億5千万ドル

(約3780億ウォン)に到達した今、

もはや

 

「1兆ウォン輸出」

 

も不可能ではなく現実に迫っている。 

12月6日、海洋水産部・韓国海洋水産

開発院(KMI)は、2024年まで

 

「キム輸出1兆ウォン時代」

 

を達成すると宣言した。

韓流の風に乗って、海藻類の摂取を

タブー視した西欧圏でも

 

「韓国キムブーム」

 

が吹いて、輸出が毎年急増したこと

による自信感だ。 

国内のキム輸出量は、2016年3億5千万

ドルから今年約5億ドル(約5400億ウォン)

まで増えた。

 

有名なハリウッド俳優ヒュー・

ジャックマンの娘がキムを間食する姿が

公開されるなど、西欧圏の

 

「韓国キム愛」

 

は既に普遍的現象となった。

その名称から、

 

「Gim(キム)」

 

「Gim-gui(キム焼き)」

 

など韓国風に表記するほどだ。 

韓国人の食卓から世界人の食卓に進出

したキム。

 

本企画では韓国キムの過去の歴史と

現状を探って、

 

「1兆輸出時代の達成」

 

の可能性を診断したい。 

 

次ページへ続きます

関連記事