河野外相の強硬姿勢に『韓国が心底困り果てている』と韓国紙が自白。約束履行を求めるのは圧迫だ

2017年12月22日、韓国の

康京和外相が就任後初めて日本を

訪れ、河野太郎外相らと相次いで

会談した。

今回の訪日について、韓国紙は

 

「15年末の日韓慰安婦合意の

 実施を河野外相が圧迫」

 

と報道。

別の韓国紙は

 

「合意破棄は北朝鮮の核開発を助ける」

 

と警告し、合意の補完を提言している…

 

次ページへ続きます

関連記事