平昌五輪の組織委が『未成年に奴隷労働を強制した』と暴露された模様。予想以上に酷い惨状が明らかに

2017年12月21日、開幕まで

いよいよ50日となった韓国・平昌

(ピョンチャン)五輪だが、

この開会式公演のため韓国舞踊専攻

の高校・大学生らが格安の報酬を

対価に駆り出されているとの疑惑

が持ち上がった。

韓国・国民日報が報じた。

同紙の取材の結果、誠信(ソンシン)

女子大と慶熙(キョンヒ)大の学生

78人と、桂園(ケウォン)芸術高

など4校の生徒140人、合計218人が、

開会式の公式イベント公演の準備に

入ったことが確認されたという。

 

初回の団体練習は17日午後の7時間。

 

以降19日間の合宿を含め、約50日後

の本番までに延べ30日間の練習日程

が組まれている。 

 

次ページへ続きます

関連記事