日中に冷遇された韓国が『斜め上すぎる理屈を駆使して』勝利を宣言。韓国の儀礼は日中と違い最高だ

[アジア経済]韓国と中国、日本の

 

「儀典三国志」

 

が一歩遅れて話題になっている。

 

ムン・ジェイン大統領が最近、

中国国賓訪問で冷遇された

という論議がおき、国民の儀式に

対する関心が大きくなって、

儀式の状況が一つ一つメディアで

報道されたからだ。 

去る13日、習近平・中国国家主席

との首脳会談のため中国を国賓訪問

したムン大統領を空港で迎えた孔鉉佑

・中国外交部部長補佐(次官補級)の級

が低いという理由で出発から冷遇

という論議がおきた。

 

特にムン大統領が三食連続で中国側

の人々ではなく随行員らと一緒に

食事したと発表され、冷遇論は

ごうごう燃え上がり、このため

訪中の成果は埋められる格好になった。

 

THAAD配置で体面を失った習近平の

心中を推し量った中国政府の政治的

計算にともなう配分という分析もある。 

日本の安倍晋三総理は去る19日、

カン・ギョンファ外交部長官に

会いながら自分より低い椅子を

渡して欠礼論議がおきた。

安倍総理はホン・ジュンピョ

自由韓国党代表と大統領特使に

行ったムン・ヒサン共に民主党

議員も自分より低い椅子に

座らせた。

 

チョン・セギュン国会議長は

低い椅子を最初から問題視し、

結局、安倍総理と同等な(?)椅子

に座ったと伝えられた。 

 

次ページへ続きます

関連記事