フィリピン慰安婦像に『情けなさすぎる裏事情』が発覚して関係者仰天。外務省抗議にフィリピンがヘタれる

フィリピンのマニラ湾を望む

遊歩道に設置された、

日本軍占領下(1942~45年)

の慰安婦を象徴するフィリピン人

女性像について、マニラ市は

20日までに、

 

「像は無許可で設置されたようだ」

 

との見方を地元メディアに示した。 

英字紙フィリピン・スター

(19日、電子版)によると、

在フィリピン日本大使館から

懸念を受けたフィリピン外務省が

12日付の書簡で、慰安婦像の

経緯説明をマニラ市の

エストラーダ市長に求めた…

 

次ページへ続きます

関連記事