中国が『韓国企業を露骨に無能呼ばわりする』凄絶な展開が発生。売上激減は韓国の自業自得だ

韓国・亜洲経済によると、韓国のある

大手企業の経営者は最近、中国へ

出張し、韓国製品の人気低下を実感した。

特にスマートフォン(スマホ)でその

傾向が著しい。

 

経営者は

「たった数年前、中国人の多くは韓国

 サムスン電子のスマホを使っていた。

 しかし、今では中国人の3分の2は

 (中国ブランドの)OPPOやvivoの

 スマホを持っている」

と話す。


中国製のスマホは性能は韓国製品と

同等だが、価格は半額だ。

スマホのアプリも中国の消費者向けに

考えられており、韓国製品のシェアが

縮小するのも理解できる。

LG電子は中国市場をすでにあきらめたも

同然で、顧客サービスセンターも閉鎖

してしまった。 

次ページへ続きます

関連記事