【韓国】平昌五輪の観客席がガラガラになる恐れ 放映権を買った米メディアが焦り始める 韓国人特有のあれが出る模様

【コラム】「平昌五輪ノーショー」だけは避けよう

 

最近平昌五輪組織委員会の

関係者たちの間では

 

「五輪ノーショー(No Show)」

 

に対する懸念がうわさされている

(ノーショーは約束の不履行、

 予約の無断キャンセル)。

予約や約束を軽く考える韓国人の

高いノーショー率のため、平昌も

侮辱を味わわないとも限らないと

いうのだ。

現在進行中の全国の聖火リレーは、

走者たちのノーショーのため、

現場には常に緊張感が漂っている。

聖火は1日に100人前後の人々に

よりリレーで運ばれるが、連絡も

なしに当日現れない走者たちの

ため、常に10%ほど予備の走者を

待機させなければならないという

のが現場の人々の話だ。

また、五輪のボランティアたちの

欠席にも、神経を使わなければ

ならない。

今年5月、韓国で開かれたU-20

ワールドカップ(W杯)・

サッカー大会の際は、

ボランティアのノーショー率が

13%にまで上昇した。

一部の無責任なノーショー族の

ため、大会運営に支障を来し、

真面目なボランティアまでが

非難を浴びるようなことだけは

避けなければならないのだ。

 

次ページへ続きます

関連記事