日韓漁業協定の停止で『韓国漁業が文字通り壊滅する』凄まじい情勢に。稚魚乱獲で自滅しつつある模様

「私たちだって小サバを獲りたい

 わけじゃないんです。大きく

 なったサバの10分の1の値段

 にしかならないのに…。しかし

 燃料費をまかなうためには

 獲らざるを得ないんです」。 

今月11日、韓国の近海で水揚げ

されたサバの90%以上が取り引き

されている釜山西区(プサン・ソグ)

の共同魚市場委販場で会った

大型旋網漁船(サバ漁船)船長の話だ。 

この日、委販場にはサバ10万箱が

出たがこのうち6万箱が21センチ

前後の小サバだった。

 

28センチ以上のサバ一箱には

10万ウォン(約10400円)以上

の値がついたが、小サバは10分の

1水準の1箱1万1000ウォン

だった。 

大型旋網水産協同組合のマ・イルド

指導課長は

 

「昨年7月から韓日漁業協定が中断

 してサバ漁獲量の30%を占める

 対馬に行けなくなった」

とし

 

「ことしサバの漁獲量が700億

 ウォン分減り、小サバでも獲らない

 と人件費や燃料費を充当することが

 できない」

 

と打ち明けた。 

 

次ページへ続きます

関連記事