自衛隊を憎悪する沖縄村教委が『児童への非情な仕打ち』をやらかした模様。恥知らずな態度に批判が殺到中

陸上自衛隊第15旅団(那覇市)

が16日に沖縄県読谷村で開催

する

 

「旅団音楽まつり」

で予定されていた沖縄県読谷

(よみたん)村立読谷中学校

吹奏楽部の出演が、村教育委員会

の判断で急遽(きゅうきょ)

中止されたことが13日分かった。

 

村教委は、自衛隊イベントへの

地元中学生の参加に反発する

一部村民の声に配慮したとしている。

自衛隊アレルギーがくするぶる

沖縄県にあって読谷村はわけても、

 

「反自衛隊」

 

の革新勢力が強い土地柄とされるが、

練習を重ねに重ねた楽曲を披露する

晴れ舞台を奪われた生徒たちは

落胆しているという。

 

次ページへ続きます

関連記事