犯罪歴抹消の犯罪者が『大手を振って日本入国する』国家的な危機に。文在寅がやらかした模様

文政権が過激左翼活動家“特赦”情報、地元紙も非難 犯罪歴抹消で大手を振り日本入国も 

 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)

政権が、前政権時代に

 

「過激な暴力デモ」

 

を行ったことによって逮捕・

服役中の

「超過激プロ市民」

 

をえりすぐって特赦しようと

している-との情報は、

瞬時に韓国メディアを駆け巡った

ようだ。 

まだ、恩赦すると決まったわけ

ではない。

 

だが、解き放たれた左翼・従北派の

「超過激プロ市民」

 

が果たす役割は、文政権に対する

 

「左翼バネ」

 

だ。

 

文大統領が表向きには言えない

本音を、過激なデモ行動で代弁

することで、政権の軌跡を決して

右に寄らせないことだ。 

11月25日、韓国の3大新聞は、

ほとんど同じような内容の社説を

掲げた。

見出しだけ示そう。 

▽過激派・暴力活動家の赦免は韓国

    の法治に反する(朝鮮日報) 

▽特定集会を対象にした「コード恩赦」

 は赦免権の乱用だ(東亜日報) 

▽原則・基準のない「コード特赦」は

 法治主義を害する(中央日報) 

 

次ページへ続きます

関連記事