米国の本気の脅しに『韓国が尻尾を巻いて逃げて』全面降伏した。韓国には欠けている物がある



【コラム】韓国を無視する国々にあって韓国にはないもの

終末高高度防衛ミサイル(THAAD)

問題での韓中合意の根底には

 

「韓国無視」

 

があると感じている。

中国の習近平国家主席が米国大統領に

 

「韓国は中国の一部だった」

 

と言った時の、あの「無視」だ

ありもしない中国の被害に対する

懸念は気に留めながら、目の前で

核の人質になり、THAADを配備する

しかない韓国人5100万人の安危は

気に留めないのがこの合意だ。

 

韓中関係はこのように等級と

序列が決まりつつある。


日本は

 

「韓国にいつまで謝罪しなければ

 ならないのか」

 

と言うが、彼らの心の内には

 

「謝罪」

 

などない。

事実、謝罪したくて謝罪する国が

どれだけあるのかは分からない。

ドイツが謝罪せざるを得なかったのは、

謝罪しないと大きな災いをもたらす

可能性がある国を相手にしなければ

ならないためだ。



日本は韓国をそのような相手だとは

思っていない。

これが韓日関係の本質だ。 

次ページへ続きます

関連記事