中韓通貨協定の破綻に『韓国が”日本への罵詈雑言”を撒き散らす』最悪の情勢に。甘ったれた本音を垂れ流し

韓中通貨スワップが10月10日で

満期終了を迎える中で、

その延長について関心が集まっている。

現在、韓国と中国が結んでいる通貨

スワップの規模は560億ドル

(約約6兆1160億円)規模で、

韓国が締結した通貨スワップ全体

(1220億ドル)の45%以上を

占めている。

しかし、最近中国がTHAAD

(高高度ミサイル防衛)報復措置を

強めながら韓中通貨スワップの

延長が不透明になったとする

見方が優勢になってきている。

次ページへ続きます

関連記事