【急募】【零戦、売ります!】 唯一の日本人零戦オーナーが決意のお願い 「日本の技術遺産を残せる人を探しています」



かつての日本海軍主力戦闘機・零戦を、

日本人で唯一保有している人がいる。

 

36年海外在住の石塚政秀さん、56歳。

 

今年6月、72年ぶりに東京湾上空を

飛行し話題となったが、

 

「零戦を売ります」

 

という。

 

でも、お高いんでしょう?

■購入価格は3億5000万円

――どうして売りたいのですか?

石塚 

本業のファッション・ブランド

の経営も厳しい中で、もうお金の

限界です。

零戦を日本で維持管理するには、

ざっと年間2000万円かかるんです。

保険で1000万円、駐機代に整備費、

確認飛行にかかる費用で1000万円。

 

私はこの零戦を2008年に購入し、

10年間私財を費やして維持してきましたが、

もうこれ以上は無理というところまで

きました。

海外での会社経営から購入した自宅も

牧場も車も所有していた船も売却して

しまいました。

 

――そもそもいくらで買ったのですか?

石塚 3億5000万円です。

 

――3億5000万円! それは妥当なお値段なんですか?

石塚 

イギリスのスピットファイアー、

ドイツのメッサーシュミット、

アメリカのP-51マスタング、

P-38ライトニングなど海外の戦闘機と

比較しても、だいたいこれくらいだと

思います。

 

高い買い物をしたとは思っていません。

唯一オリジナルの中島「栄」エンジンで

飛んでいる零戦52型は20億円の値札が

付いていますし。

――しかし、どうして零戦を保有しようと思ったのでしょう。

石塚 

元々は、ある地方自治体からの

 

「建設予定の博物館に零戦を展示

 したいので、機体の購入を

 手伝って頂けませんか」

 

という打診から話は始まります。

 

私はニュージーランドで

レザージャケットメーカー「THE FEW」

というファッション・ブランドの会社を

経営していて、特に大戦期のアメリカ空軍、

海軍のフライトジャケットを扱っても

いるものですから、自然と国内外の

航空関係者、飛行機のコレクターと

知り合うことが多いんですね。

 

いわば世界各国の航空関係者との

航空コネクションがあるのです。

 

次ページへ続きます

関連記事