韓国の都市開発計画で『世にも悲惨な恐怖の光景』が爆誕した模様。意味不明な動機に日本側騒然

2017年10月23日、韓国・釜山

(プサン)の再開発地域にあった

居住者のいるアパートを

ショベルカーなど重機で破壊した

として、工事業者関係者ら9人が

警察に摘発された。

 

韓国・聯合ニュースが伝えた。 

釜山南部警察署は同日、

特殊損壊容疑により工事業者社員

のペク容疑者(39)ら2人を逮捕、

組合長のキム容疑者(54)ら7人を

書類送検したことを明らかにした。

 

ペク容疑者らは昨年12月26日の

午前11時ごろから午後2時ごろにかけ、

再開発予定地域にあった4階建て

アパートを無断で撤去した疑いが

持たれている…

 

世にも悲惨な恐怖の光景は次ページにて

関連記事