IAC議長が『慰安婦の世界遺産登録を差し止める』もユネスコ側は無視。激しい対立の場に変貌する てか、今までは調査してたの?

国連教育科学文化機関(ユネスコ)で

 

「世界の記憶(記憶遺産)」

 

の登録審査を行う国際諮問委員会

(IAC)のアブドラ・アルライシ議長

が18日、パリで産経新聞の

インタビューに応じ、 

慰安婦問題の資料など関係国から

疑義が示された8つの

 

「政治的案件」

 

について、24~27日に予定される

IACの審査対象から外すようユネスコ

のボコバ事務局長に求めたと明らかに

した。

審査延期を強く要求した。 

 

次ページへ続きます

関連記事