韓国、釜山最大のオフィスビルが手抜き工事で倒壊寸前 あまりの傾き加減に名所に認定!地区議員も責任丸投げ状態で近隣住民が大激怒の事態に!

釜山のある新築のオフィステルが

イタリア’ピサの斜塔’を彷彿させるように

一方に傾いた中、近くの住民たちが

不安で震えている。

先月22日、釜山沙下区と施工業者によると、
下端洞に位置したDオフィステルが
先月14日から一方に徐々に傾き始めた。
しかもDオフィステルのすぐ近くに
200世帯の規模のオフィステルの工事が
行われ、この影響によってDオフィステルが
日増しに傾いているという周辺の住民たちの
主張が広がっている。
該当オフィステルの傾きは計測器を
利用しなくても、肉眼でも確実に傾きを
知ることができる水準だ。
それだけでなく、最近マスコミを通じて
公開された後、通り過ぎる人たちはもちろん、
わざわざ来て、傾いた光景を目撃する状況まで
行われている。

次ページへ続きます

関連記事