『日本と台湾が韓国を置いて逃げた』と韓国人が”逃げ遅れ”に恐怖。戦略性のなさに今頃気づく

台湾も昨年5月、蔡英文政権が発足後、

フィリピン、ベトナム、インドネシア、

マレーシアなど東南アジア国家へと市場を

多角化する

 

「新南向政策」

 

を本格的に推進している。

 

台湾政府は今年、1億3100万ドルを新南向

政策関連の予算に充て、東南アジアに進出

する企業を積極的に支援している。

台湾の輸出の40%を占める中国の影響力を

低下させるのが狙いだ。 

代表的な例として、ナイキ、プーマ、

アディダスのOEM(相手先ブランドによる生産)で

知られる台湾の宝成工業は、中国国内の生産拠点を

ベトナムとインドネシアに移転した。

シンガポールのDBS銀行によると、昨年末時点で

台湾企業による東南アジア6カ国への直接投資額は

11年当時の2倍以上に増えた。

 

一方、中国が台湾の企業の直接投資に占める

割合は10年の84%から15年には51%に

急低下した。 

 

次ページへ続きます

関連記事