『日本と台湾が韓国を置いて逃げた』と韓国人が”逃げ遅れ”に恐怖。戦略性のなさに今頃気づく

日本と台湾は韓国よりも一足先に東南アジアに目を向け始めた。

日本は2010年に尖閣諸島をめぐる

対立以降、中国への依存度を抑える

「チャイナプラスワン」

戦略で東南アジア市場を開拓した。

東芝、日立、伊藤忠商事など日本を代表する

企業がベトナムの道路交通高度化事業の

受注に乗り出し、シンガポールでは三菱重工が

440億円規模の次世代型電子式道路課金

システム(次世代ERP)の構築事業を

受注するなど、東南アジアのインフラ構築

事業に進出した。


日本企業の対中投資は12年(134億ドル)以降、

毎年減少し、15年には88億ドルまで低下した。

一方、対東南アジア投資は13年、14年に

200億ドルを超え、15年にも190億ドルを

記録した。

日本の国際協力銀行(JBIC)が実施した

海外進出企業の選好度調査でも、13年から

インドとインドネシアが中国を上回っている。 

 

次ページへ続きます

関連記事