ノーベル受賞者の川端康成を『韓国人作家が罵倒する』喜劇が発生。胡散臭い逸話を開陳した模様

第1回李浩哲統一路文学賞受賞者の金石範氏

「朝鮮を卑下した川端康成に怒り」

18日の懇談会で「朝鮮籍」に関する考えなど述べ 

 

 

「日本のノーベル文学賞受賞作家の川端康成が

 どこかで

『朝鮮をテーマにした文学は普遍性がない』と

 言ったことがあります。その言葉が、若い私

 には骨身にしみて迫ってきました。

 


日本文学は上位文学で在日朝鮮人文学は下位文学

 という、帝国主義的な発言でした。私の一生は、

 想像力を武器にして、日本語で朝鮮を書くことが

 できるということを証明してきた過程でした」

 

済州4・3抗争を描いた大河小説『火山島』で

第1回李浩哲統一路文学賞を受賞した在日同胞の

作家・金石範氏(<キム・ソクポム>93・写真)は、

このように語った。 

次ページへ続きます

関連記事