『日本の圧倒的すぎる成果』に韓国人記者が心労のあまり死亡寸前。日本が妬ましくてたまらない

空に綿雲が漂い、野には豊かな穀類が

秋の収穫を待っている。

 

ノーベル賞は人類知性の秋の収穫だ。

来月2日、ノーベル生理学賞発表から

約10日の間、ノーベル文学賞まで

発表が続く。

せっかくの長い国民の休日が再び胸の

痛みに包まれるようだ。

昨年のように隣国日本の収穫が豊か

だったら、私たちの心痛がより一層

深くなることは明らかだ。 

なぜ私たちはそのようにノーベル賞、

特にノーベル科学賞受賞を首を長くして

待つのか。

単純に経済ないし産業発展を越えて

科学自体の発展に私たちが寄与したという

明確な根拠はどこにあるのか。

根拠もない、単なる空しい期待ならこれから

どうすべきか。

科学界だけでなく韓国知性の革新はどこで

可能なのか。

この様な問いは必ず全面的な省察と改革を要求する。 

次ページへ続きます

関連記事