セウォル号遺族が『途轍もない特権を確立して』法治国家の体面が完全崩壊。韓国社会に動揺が広がっている

2017年9月21日、韓国で14年に起こった

旅客船セウォル号沈没事故で一人息子を

亡くした父親が公務員に暴行を加えた

として起訴された事件で、裁判所が

下した判断に波紋が広がっている。

韓国・聯合ニュースなどが報じた。 

光州(クァンジュ)地裁・木浦(モッポ)

支部は同日、傷害と公務執行妨害罪で

在宅起訴されたチェ・ギョンドク被告

(47)に対し、懲役4カ月の宣告を猶予

したことを明らかにした。

宣告猶予は軽微な犯罪について刑の宣告を

一定期間猶予する措置で、今回の場合は

2年が経過すればチェ被告は刑事処分から

解放されることになる。


チェ被告は今年4月、セウォル号船体が

引き揚げられた木浦新港内の撮影禁止区域

で動画撮影をしていたところ、安全を理由に

これをやめさせようとした海洋水産部の

職員に暴行を加え、全治2週間のけがを

負わせた。

チェ被告はセウォル号事故で一人息子の

ソンホ君を亡くしており、遺族らでつくる

4・16家族協議会の「船体記録団」の一員

として動画記録を担当していた。

次ページへ続きます

関連記事