テレ朝報道局長が『セクハラ揉み消しを認める』破滅的な情勢に。色々な意味で頭がおかしい → 現代の生贄だな

「取材情報を第三者に渡したことは不適切」

また
「社員からセクハラの情報が
 あったにもかかわらず、
 適切な対応ができなかったことは
 深く反省している。
 また社員が取材活動で得た情報を
 第三者に渡したことは報道機関として
 不適切な行為で遺憾に思っている」
という認識を示しました。

「2次被害の心配から自社で報道せず」

篠塚報道局長は女性社員については
「1年半ほど前から、取材目的で
 福田氏と数回、会食をした。
 そのたびにセクハラ発言があり、
 みずからの身を守るために録音を始めた」
と述べました。

そして

「今月4日に呼び出しを受け、
 1対1での飲食の機会があったが、
 その際にもセクハラ発言があり、
 途中から録音をした。
 後日、上司にセクハラの事実を
 報じるべきではないかと相談したが
 上司は
 『本人が特定され、2次被害が
 心配される』
 ことを理由に
 『報道は難しい』と伝えた」
と述べ、自社での報道を見送った
経緯を明らかにしました。

そのうえで

「この社員は、財務事務次官という
 社会的に責任の重い立場にある人物の
 不適切な行為が表に出なければ
 セクハラ被害が黙認されてしまう、
 という強い思いから週刊新潮に連絡し、
 取材を受けた」
と述べました。

 

「財務省に正式に抗議する」

また
「福田次官はセクハラ行為を否定
 しているが、セクハラ行為は事実
 であると考えており、
 財務省に正式に抗議する予定だ」
と明らかにしました。

セクハラ認めず次官辞任は残念 女性社員

さらに
「社員は、セクハラの事実を認めない
 まま福田事務次官が辞意を表明した
 ことをとても残念に思っている。
 財務省は調査を続けて事実を明らかに
 してほしい、と話している」
ことを明らかにしました。

次ページへ続きます

関連記事