外務省が『韓国を”最低クラスの立場”に格下げして』韓国側が激怒。日韓関係の悪化を露骨に反映 → 隣国 すら消えたな

同紙によると、外務省は最近、

ホームページに掲載した

 

「両国関係」

 

という文書で、韓国について

特に修飾語なく

 

「日韓の間に困難な問題が起きる

 としても、各分野で未来志向の

 協力を進めていくことが重要」

 

と記述した。 

安倍首相は今年の施政演説で

韓国について

 

「最も重要な隣国」

 

という修飾語を付けなかった。

 

外務省の今回の記述削除はこうした

安倍首相の施政演説を反映したもの

という分析が出ている。 

これは昨年末に文在寅

(ムン・ジェイン)政権が

2015年末の韓日慰安婦合意を

 

「誤った合意」

 

と規定し、日本政府と摩擦が生じた

ことによる結果とみられる。 

 

次ページへ続きます

関連記事