『なぜ日本は全世界を敵に回して平気なんだ?』と中国が”強情な態度”に仰天。利権が関わっているに違いない → 揚子江河イルカ全滅させた奴に一言も発する資格なし

言うまでもなく、日本の捕鯨に対する

国際的な風当たりは強い。

 

豊かになった日本では食用としての

鯨肉を必要とはしておらず、記事は

 

「鯨肉を1年間全く購入しなかった

 日本人は89%にのぼる」

 

と指摘した。

日本政府は調査として毎年多くの鯨を

捕獲しなければならないとしているが、

国際司法裁判所は2014年、

日本政府に停止を求めている。 

日本は規模を縮小したうえで

捕鯨を続けているが、記事はなぜ

そこまでして捕鯨にこだわるのかを紹介。

 

これには、政治が関わっており、

農林水産省と水産省に利益があるという。 

記事は、調査捕鯨が

 

「日本鯨類研究所」

「共同船舶株式会社」

 

によって行われているが、

いずれも農林水産省及び水産庁と

密接な関係があると指摘。

「日本鯨類研究所」

 

は毎年水産庁から多くの補助金を

受け取っており、

天下り先となっていると伝えた。 

また、

 

「共同船舶株式会社」

 

も97%の株式が農林水産省の主管する

5つの財団法人の所有となっており、

やはり天下り先となっているのだという。

また、鯨関連で生計を立てている人が

日本には多くいて、自民党の貴重な

支持者となっているため、党としても

票を手放すわけにはいかないのだと論じた。 

 

次ページへ続きます

関連記事