生コン捜査で窮地の辻元清美が『急に意見を変え始めて』周囲の人は茫然自失。開いた口が塞がらない状態だ → ブーメランがきそうだな

 

 

【佐川さん、ガンバレ!】佐川宣寿・

前国税庁長官の証人喚問について、

立憲民主党・辻元清美

 

「佐川さんにですね、

 官邸の方を向くのではなく、

 国民の方を向いた真実を述べて

 頂きたいと思うんです。

 佐川さん、がんばれ!」 


もう開いた口が塞がらない…。

pic.twitter.com/bpB3cBlHSE

— Mi2 (@YES777777777) 2018年3月20日

辻元清美

「佐川さんにですね、

 官邸の方を向くのではなく、

 国民の方を向いた真実を述べて

 頂きたいと思うんです。

 佐川さん、がんばれ!」


佐川前長官は文書書き換えの責任を

とって辞職したが、安倍総理の首を

狙う辻元清美にとってはまだ利用価値

があるということなのだろう。

 

不正を犯した相手にエールを送る

という矛盾から辻元清美の卑怯な

魂胆が透けて見える。

 


国民としてはこんな国会議員は絶対

に信用ならない。

国民の方を向くべきなのは辻元清美

自身だ。

 

他方で大阪地検特捜部の調べでは

安倍総理・昭恵夫人・麻生大臣の

指示は確認されていない。 

聴取によると財務省の職員は国会対策

として担当者レベルで書き換えを行った

と話している模様。

 

この様子なら佐川前長官を国会に

呼びつけても今以上の収穫はないだろう。

 

辻元清美の理想は佐川前長官が

 

「安倍総理の指示があった」

 

と証言すること。

冒頭の

 

「がんばれ」

 

には自分が得したいという非常に

利己的な裏の意図が垣間見える。 

手のひら返しといえば前川喜平の

ときもそうだった。

 

天下りを斡旋していたと分かった

ときは悪者扱いだったのに、

いつの間にかメディアは勇気ある

告発者という紹介の仕方をしている。

さらに野党はここにきて

籠池前理事長にも接触を図る。 

 

次ページへ続きます

関連記事