『日本と韓国は絶対に断交できない』と専門家が”歴史的事実”を指摘。深く関わりすぎないことが重要だ

在韓35年。

朝鮮半島情勢の報道では日本を代表する

ジャーナリストである産経新聞ソウル

駐在客員論説委員の黒田勝弘氏。

『隣国への足跡』は、日韓の近現代史を

掘り下げながら、今後の日韓両国の

あり方を示している。

次ページへ続きます

関連記事