外国人労働者受け入れ拡大へ 安倍首相が検討を指示…既120万人 若者の雇用失う恐れ、日本人の環境整備が先

安倍晋三首相が経済財政諮問会議で

外国人労働者の受け入れ拡大の検討

を指示したのは、深刻な人手不足を

補うためには優秀な海外人材にも

門戸を開く必要があると判断した

からだ。

 

ただ、既に外国人労働者数は

120万人を超え、10年で倍増。

なし崩し的に単純労働者の受け入れを

拡大し

 

「移民」

 

の容認に走る事態になれば肝心の若者

の雇用が失われかねず、まずは日本人

向けの環境整備が重要だ。

 

次ページへ続きます

関連記事