韓国の李舜臣記念館に『初歩的すぎる失敗』が大量発見された模様。色々な意味で情けなさすぎる

韓国の全羅南道海南郡で8月10日、

 

李舜臣将軍が日本水軍を破った

1597年の鳴梁海戦を記念する

イベント「鳴梁大捷祭り」が開催された。

 

イベントでは同海戦から420年が過ぎた

ことを記念して今年の3月にオープンした

「鳴梁海戦 海戦史記念展示館」

が無料で開放された。

同展示館は海南郡が88億ウォン

(約8億5000万円)を投入し、約4年に

わたる工事の末に完成した。

イベント期間中の展示館は子供連れの

家族らでにぎわったという。

ところが、文化日報が取材した結果、

展示館の展示物の至る所に間違いがある

ことが判明した。

1時間ほど観覧しただけでも、説明文の

内容が間違っているケース、誤字・

脱字、英語訳の翻訳ミスなどが

多数発見されたという。

このように簡単に見つかる間違いを、

展示館はオープンから5カ月以上も

放置していたことになる。


これについて、展示館関係者は

「これまでに間違いを指摘されたことは

 一度もなかった」

と説明し、

「間違いがあるのならすぐに修正する」

と明らかにしたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは 

次ページへ続きます

関連記事