東大教授が『日本国民は韓国人の疲労感を理解しろ』と主張した模様。日韓双方が互いの疲労を理解すべき

以下は一問一答.

-韓日間葛藤を高めた慰安婦合意

 から質問せざるをえない。

 韓国政府の後続措置発表後、

 安倍晋三総理まで立ち上がって

 

「韓国の新方針は絶対受け入れ

 られない」

 

 とした。

 日本政府の対応をどのように見るか?


「実際、韓国政府の後続措置は

   日本政府として即答すべき内容では

 ない。従って日本政府がこのように

 敏感に反応する必要はない。

 それでも安倍総理まで出たのは

 ムン・ジェイン政府に対する不満

 が露出したと見られる。安倍総理

 は慰安婦合意について「譲歩した」

 という意識が強い。すなわち保守

 指向の支持層の反対も押し切って

 慰安婦合意を妥結したが、これを

 再検討したムン・ジェイン政府に

 対する不満が出たのだ。」 


-日本政府は韓国で慰安婦合意の

 再検討の動きがある時から現在

 まで

 

「ゴールポストを動かすことは

 できない」

 

と強硬な姿勢を見せているが、

これを韓日関係改善に対する

日本政府の意志が弱まったと

見られるか? 

「安倍政権だけでなくムン・

 ジェイン政府も同様と考えるが、

 日本と韓国は米国との関係を最

 も重要視して次は中国との関係

 だ。特に安倍政権は米日関係、

 中日関係だけ上手くいけば韓日

 関係はそこまで悪いはずがない

 と考えるようだ。従って韓日

 関係改善のために積極的な努力を

 することよりじっとしているほう

 が良いと考える部分がある。」 

-日本国民はどうなのか?

「この部分はちょっと悲観的に

 考えられる。状況によって屈曲

 があったが、

 「かなり発展した立派な文化が

  ある」と韓国に好感を感じる

 日本国民が多かった。

しかし、慰安婦問題で

「日本がいくらやっても韓国には

 効果がない」

「韓国は約束を守らないんだな」

 

等の疲労感ができたのを皮膚で

感じる。

これは韓国の立場をよく理解し

代弁した人々からも明らかになった。

イ・ミョンバク前大統領が独島

(ドクト、日本名:竹島)

を訪問して嫌韓論が出てくるなど

韓日関係が最悪に駆け上がった

2012年がショックだとしたら、

今回は日本国民の意識の中に韓国

に対する疲労感が徐々に入り込んで

いるような現象だ。

 

このような日本国民の考えが

正しい、正当だと言いたいのでは

ない。

韓日関係にあまり良くない影響を

与える点を強調したい。

 

従ってこのような日本国民の心情を

韓国国民も知っていることが必要だ。

 

ところが韓国メディアは日本政府の

立場と態度だけ報道する。

事実、韓日間の往来も多く北朝鮮の

核問題も協調しなければならない

だけに韓日関係は最悪にはならない

だろう。

しかし、真の韓日関係改善のため

には韓日政府はこのような世論を

よく把握して管理していく必要がある。」 

 

次ページへ続きます

関連記事