【尖閣】中国報道官「日本は島の問題でもめごと起こすな」

今月11日に、沖縄県の尖閣諸島

周辺の接続水域で浮上しないまま

航行している潜水艦が確認され、

その翌日に東シナ海の公海上に

浮上して中国国旗を掲げたこと

から、政府は中国海軍のものと

断定し中国側に抗議しました。 

これについて中国外務省の

陸慷報道官は15日の記者会見で、

 

「潜水艦の状況については

 把握していない」

 

として回答を避けつつ

「日本側の『抗議』は受け入れ

 られない」

 

と述べ、島は中国の固有の領土だと

する従来の主張を繰り返しました。

 

そのうえで、陸報道官は

 

「日本には島の問題でもめごとを

 起こすのをやめるよう求める」

 

と述べて、あくまで日本側の対応

に問題があるとの姿勢を示しました。

 

また、今回の問題をめぐり、

中国側が海上自衛隊の艦船に対して

中国海軍が監視を行ったと説明して

いるのに対して、日本側が

 

「中国海軍の潜水艦が接続水域に

 入ったことが引き金になった」

 

と反論していることについては、

陸報道官は

 

「具体的な問題は国防省に

 問い合わせるべきだ」

 

と述べるにとどまりました。 

 

次ページへ続きます

関連記事