韓国の超重要政策が『わずか7時間で撤回放棄に追い込まれる』珍事が発生。有権者からの批判で朝令暮改

国民生活や経済、金融市場に重大な

影響を及ぼす仮想通貨取引所の

閉鎖を韓国政府は発表からわずか

7時間でひっくり返した。

これでは現政権の政権運営能力に

重大な疑念を抱かざるを得ない。


取引所閉鎖が発表された直後、

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

の主な支持層である20-30代が

大統領府ホームページの掲示板に

殺到し

 

「文大統領を支持したことを

   後悔している」

などの書込みが相次いだため、

大統領府はたちまち政策を見直し

 

「まだ正式に決定したものではない」

 

などと支持者たちに言い訳しているのだ。

 

次ページへ続きます

関連記事